保護者のみなさまへ


「ふたつ よいこと さて ないものよ」


大切なことは…
何かいいことがあってそのあとに
悪いことが起きたとしても


「ふたつよいこと さて ないものよ」とポツリと小さくつぶやいて 苦笑するくらいがちょうど いいのだろう…と


心理学者の河合隼雄さんがご自身の著書「こころの処方箋」の中に記されています。

日々のご苦労に感謝しています…
私が今、日常の中で大切にしている言葉が、みなさまの心のビタミン剤となれば嬉しいです😃

タイトルとURLをコピーしました